幹細胞がアンチエイジングの救世主になってくれるかも!

最近よく見たり聞いたりするのが「幹細胞(かんさいぼう)」という言葉です。

腐らないリンゴとか、美容分野のアンチエイジングと一緒に使われることが多いようです。

40代になると肌の悩みが一気に増える年代ですが、もしかすると幹細胞が救世主になってくれるかもしれません。

スキンケア40

そもそも幹細胞って何ですか?

幹細胞を調べてみると、

「分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞」と定義されています。

あらゆる生き物は自然に老いていきますが、もし現在の細胞と同じ細胞を生み出し続けることができれば、理論的には老いることはありません。

しかし、幹細胞の働きは年齢とともに機能が低下していきます。

だから、体の様々な部分の老化が進んでいくのですが、何とか幹細胞の働きを活性化させることができれば、老化を食い止めることができるのではないかと考えられているのです。

そこで注目されているのが、幹細胞を外部から補うという方法です。

ここでリンゴが登場します。

幹細胞リンゴ

植物の幹細胞でよく取り上げられるのがリンゴです。

とくに「4ヵ月腐らないリンゴ」と言われる「ウトビラー・スパトラウバー」という品種が注目されています。

この果実から得られる植物幹細胞を人工培養で増やし、得られた細胞から抽出したエキスを配合した化粧品が今とても人気があるのです。

幹細胞エキスを直接肌につければ絶大なアンチエイジング効果が望めるのではないかということですね。

でも、こんなことで本当に効果を実感できるのでしょうか。

これについては、人の話を聞くよりも、まず自分で確かめてみたいと思いました。

そこで、ネット上で見つけた2つの幹細胞関連のスキンケア用品を試してみることにしました。

幹細胞配合のオールインワンマスクを体験!

幹細胞をがっちり体験してみようと最初に使ってみたのが、

cosme WOWの「ワンダーパーツ・ジェリーマスク」という商品です。

cosmeWOWジェリーマスク1

cosmeWOWジェリーマスク2

ずっと育児が続いていて、毎日のスキンケアも必要最低限しかしてこなかったので、こういうマスクを使う機会もありませんでした。

今回はお試しの1枚だけですが、これで少しでも変化を実感できればと思いました。

cosmeWOWジェリーマスク体験中

紙ベースのマスク状のパックは今まで使ったことがありましたが、こういうジェルをふんだんに使ったものは初めてです。

顔のパーツごとにきちんと密着してくれて、とにかく気持ちいいです。

何もしないで寝たまま20分待つわけですが、私はこれを朝の早い時間、子どもたちがまだ寝ている間に行いました。

夜は子供たちがこういうことをする時間を与えてくれないからです。

この後にいつものメイクをしましたが、普段と違ったのは、リキッドファンデーションの伸びがよく、パウダーファンデーションもダマになるところがなかったということです。

ジェリーマスクの後すぐにメイクをしてもまったくヨレがありませんでした。

肌が潤っているのはもちろんわかりましたが、単に肌の表面だけが潤ったのではなく、しっかりと肌の内部が潤ったということです。

さすがお試し価格でも1枚2,000円近くするだけのことはあります。

でも週に1回でもこういうのができたら、後々大きな差になってくるんだろうなとは思います。

ジェリーマスク1枚で1回分ですが、まだ美容液がたっぷりと残っているので、もう1回くらいは使えそうです。

>>> ワンダーパーツ・ジェリーマスクの詳細はこちら

幹細胞配合のオールインワンゲルを体験!

次に使ってみたのが、「スキンフェアリー」というオールインワンゲルです。

オールインワンゲルは今までも使っているので、スキンフェアリーに替えるだけでした。

スキンフェアリー

スキンフェアリー手に取って

こちらは最初手に取ったときに硬いのかなと思いましたが、肌にのせると一気に伸びてくれました。

見た目の水っぽさとはまったく違い、翌朝になってもしっかりと肌が潤ってくれています。

肌に一枚ヴェールができて、それがずっと残っていてくれているという感じです。

さすがにジェリーマスクと比べてしまうと使用後の感じは劣ってしまいますが、オールインワンゲル単体として見れば、かなりいいものだと思います。

1日2回、朝と夜に使うことで、一日中肌に潤いが残ってくれるようになります。

1ヵ月にスキンケアにかけられるお金が無限だったら、ジェリーマスクとスキンフェアリーの両方を使いたいです。

そうでなかったら、現実的にはスキンフェアリーだけということになりそうです。

>>> スキンフェアリーの詳細はこちら