妊娠中に葉酸を摂取することが大事であることは常識といってもいいと思います。

その重要性については母子健康手帳にも記載があります。

boshitechou

画像ではわかりくいので、全文を転記します。

「二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生を減らすためには、妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要であることが知られています。葉酸はほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています。日ごろからこうした食品を多くとるように心がけましょう。葉酸の添加された食品やサプリメントもありますが、とりすぎには注意が必要です。」

*神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に脳や脊髄もととなる神経管と呼ばれる部分がうまく形成されないことによって起こる神経の障害です。葉酸不足の他、遺伝要因などを含めた多くの因子が複合して発症するものです。

このように、妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要であるわけですが、その後は葉酸を摂取しなくてもよいでしょうか。

これについては、できれば継続的に葉酸を摂取していくことが望ましいといえます。

なぜなら、葉酸は妊娠に限らず、また男女を問わず、そもそも我々の身体に必要な栄養素だからです。

普段の食生活を振り返ってみて、野菜不足であると感じているなら葉酸も不足している可能性が高いです。

葉酸の不足は、胃や腸に潰瘍ができたり、口の中に口内炎ができたりする原因にもなります。

心当たりのある方は葉酸をより意識した食事を心がけることが大事です。

普段の食事に野菜を取り入れることがすぐに難しいという方は、葉酸のサプリメントを利用するのがよいと思います。

葉酸サプリの中でもおすすめなのがベジママ(VEGEMAMA)です。

葉酸サプリはベジママ

どうしておすすめなのかというと、葉酸はもちろん、ピニトールという成分も含まれているからです。

ピニトールはあまり馴染みのない成分ですが、多嚢胞性卵巣症候群の予防に効果があると言われています。

また、血糖値の改善にも効果があるということで注目されています。

初めて購入する場合は50%OFFで購入できますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

アイスプラントという野菜の味がしますよ。

>>> ベジママの詳細・初回50%OFF(公式サイト)はこちら!

葉酸サプリ「ベジママ」