森下仁丹のヘルスエイド・ビフィーナSをこれから購入するつもりで、または購入を検討するために情報を得ようとしてヤフーで検索してみると、ちょっと驚くことがあります。

「ビフィーナS 製造中止 理由」という検索候補のキーワードが出ているときがあるのです。

ビフィーナs 製造中止 理由

えっ?ヘルスエイド・ビフィーナSはもう買えないの?

そう思ってしまいますね。

でも調べてみると、答えはすぐにわかりました。

たしかにヘルスエイド・ビフィーナSは製造中止になりましたが、製造中止になったのは旧タイプのヘルスエイド・ビフィーナSです。

つまり、リニューアルに伴って旧商品が製造中止になったのです。

では、ヘルスエイド・ビフィーナSはどういう部分がリニューアルしたのでしょうか。

ビフィーナS・機能性表示食品

私が気づいた変更点は2点ありました。

1つ目は、機能性表示食品になったということです。

機能性表示食品とは、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。

似たものに特定保健用食品がありますが、それとは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

ですが、ヘルスエイド・ビフィーナSの場合は、2週間の臨床試験において排便の回数が増えたという報告がありますので、効果の信ぴょう性はかなり高いと言えると思います。

2つ目は、カプセル素材の変更です。

ヘルスエイド・ビフィーナSをよく見ると、顆粒とカプセルで構成されています。

顆粒はすぐに溶けてしまいますが、このカプセルは胃酸にも溶けきらず、腸に達してはじめて溶けます。

つまり、ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることができるのです。

このように、ヘルスエイド・ビフィーナSは旧商品に比べてパワーアップしたわけです。

ヘルスエイド・ビフィーナSの購入を検討している方は安心して購入してよいと思います。

今なら初回限定で30日分を通常価格の約23%OFFで購入することができます。

>>> ヘルスエイド・ビフィーナSの詳細・初回限定お試し価格はこちら








【関連記事】
ヘルスエイド・ビフィーナS※効能・最安値価格【楽天・Amazon】